教員・講師紹介

北九州市立大学

エンジン、燃料電池などの性能の熱力学的評価を学びます

北九州市立大学大学院

国際環境工学研究科 教授

泉 政明

熱力学特論 担当

自動車用原動機として多用されている熱機関(ガソリンエンジン、ディーセルエンジンなど)、そして将来の原動機として期待される燃料電池を熱力学的に評価する手法を習得します。座学と共に、幾つかの実機の駆動実験を通してこれらの出力特性を学びます。
[教員HP]

3D-CADを用いた設計手法を学びます

北九州市立大学大学院

国際環境工学研究科 教授

松永 良一

機械要素設計特論 担当

機械要素は様々な加工法を用いて製造されます。その中から主に回転加工によって製造するために必要な知見について、それぞれの機械要素を具体例に挙げながら学びます。座学と共に、3D-CADを用いた設計を経験してもらい、合わせて3Dプリンタにより造形し、いわゆる自分のイメージと現物との差異を実感出来ればとも考えています。
連携大学院 ものづくり教育研究センター長
[教員HP]

環境変化に応じる処理システムを適応させよう

北九州市立大学大学院

国際環境工学研究科 教授

孫 連明

適応信号処理 担当

信号特性と環境変化に応じて処理システムを実時間的に調整を行う適応信号処理が重要な技術となっています。適応信号処理の基本アルゴリズムについて習得しながら、数値演習を通してシステム設計の実用テクニックに対する理解を深めます。
[教員HP]

「安心・安全」な車社会を実現する最先端のセンシング技術を学ぼう

北九州市立大学大学院

国際環境工学研究科 准教授

松波 勲

計測応用工学、自動運転支援センシング技術総合実習 担当

計測応用工学では、自動走行自動車や知能化カーロボの実現において「安心・安全」の中核を担う最先端の物体検知センサ類(電波レーダ、レーザレーダ、赤外線カメラ、光学センサ、ステレオカメラ)を用いて、各センサの機能と構造及びインターフェース方式、信号処理等について総合的に学びます。総合実習では、環境条件や検知対象に応じ、いくつかのセンサを選択して自動運転支援システムに必要な高測距精度、高視野角、高角度精度を満足するセンサフュージョンシステム(単一のセンサからは得られない高度な認識機能を実現する手法)をFPGA搭載制御ボードを用いて構築し、複数目標検知・識別実験を実施します。
[教員HP]