教員・講師紹介

北九州市立大学

ロボットの製作を通してシステム開発の概要を学びます

北九州市立大学大学院

国際環境工学研究科 教授

岡田 伸廣

障害物踏破ロボット製作総合実習、システム工学特論 担当

近年,3Dプリンタを用いた任意形状部品の製造技術は大きく発展しています.障害物踏破ロボットの製作を題材として,計算機を用いた3D設計,3Dプリンタによる部品の製作を行います.それらを通して,システム開発の概要を学びます.
[教員HP]

環境変化に応じる処理システムを適応させよう

北九州市立大学大学院

国際環境工学研究科 教授

孫 連明

適応信号処理 担当

信号特性と環境変化に応じて処理システムを実時間的に調整を行う適応信号処理が重要な技術となっています。適応信号処理の基本アルゴリズムについて習得しながら、数値演習を通してシステム設計の実用テクニックに対する理解を深めます。
[教員HP]

エンジン、燃料電池などの性能の熱力学的評価を学びます

北九州市立大学大学院

国際環境工学研究科 教授

泉 政明

熱力学特論 担当

自動車用原動機として多用されている熱機関(ガソリンエンジン、ディーセルエンジンなど)、そして将来の原動機として期待される燃料電池を熱力学的に評価する手法を習得します。座学と共に、幾つかの実機の駆動実験を通してこれらの出力特性を学びます。
[教員HP]